バストアップにはいろいろな方法があります。バストアップまとめ

その中で手軽にできて続けやすいものの一つにサプリがあります。サプリは健康食品といわれ、薬とは異なりますが、やはり口に入れるものですので成分や効能、取りすぎた時の弊害はないかなどいろいろ気になることがある方も多いのではないかと思います。

そこで、医学に関する関連サイトをご紹介したいと思います。

医学の進歩と弊害

このサイトは医学の進歩を否定しているわけではありません。周囲の評判などでむやみやたらに薬に飛びつくのではなく、一人一人がきちんと考え、自分の状態に合わせて快適に過ごすためにはどうすればいいか納得したうえで賢く利用することの大切さを教えてくれています。

バストアップサプリに含まれる成分「プエラリアミリフィカ」

ほとんどのバストアップサプリには「プエラリア」が含まれています。

プエラリアは学名をプエラリア・ミフィリカというタイ北部やミャンマーの山岳地帯などの亜熱帯地域の落葉樹林に自生しているマメ科クズ属の植物です。

塊状になっている根の部分に女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン、イソフラボンが含まれています。その含有量は大豆の約40倍ほどにも達しています。

プエラリアの塊根に含まれる成分は成長とともに増えていくのではなく、ある一定の時期にだけ多くなるという特徴を持っています。そのため、その時期に採取されたものだけが価値があることになります。

プエラリアには「プエラリン」と呼ばれる美乳効果のある成分が含まれているということで、バストアップサプリに取り入れられるようになりました。
しかし、効果はあっても過剰摂取はホルモンバランスを乱す原因となります。副作用と言われている不正出血、吐き気、頭痛などはホルモンバランスの乱れから起こる症状とも言えます。サプリメントを利用する場合は決められた量を守って摂取することが大切です。

 

Copyright © 美乳になりたい All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.