バストの大きさには個人差がありますよね。では、そのバストの大きさを左右するものは何なのでしょうか。
バストの大きさを左右する要因は、様々にありますが、ひとつに乳腺の発達具合は大きな影響を及ぼすでしょう。

乳腺は、バストに張り巡らされている腺です。

この乳腺の周りに脂肪がついてバストが形成されているわけですが、この乳腺の量がバストの大きさを左右します。

バストを構成するほとんどが、脂肪でできています。

その割合は、乳腺の割合が10%に対し、脂肪が90%。ほとんどが脂肪組織でできているわけです。

この脂肪も乳腺があることによって存在しているわけですので、乳腺があればあっただけ、バストはふくよかになるのです。
体つきがふくよかな女性は、基本的にバストもふくよかな傾向にありますよね。

ですが、体つきが細いのにバストが大きな女性もいます。

その女性のバストは、大きく張りのあるバストではないでしょうか?

また、女性は妊娠をするとバストが張って大きくなります。

これらは、乳腺の影響によるものです。

体の線が細い女性でも、生まれつき乳腺が発達していればバストは張ってきますし、また妊娠すると女性ホルモンが分泌されて乳腺が活発になることで、バストが張ってきます。
このように、バストのサイズには、乳腺の発達具合が大きく関わってきます。

乳腺の量は、遺伝的な要素が強いと言われています。量を増やすことは難しいですが、女性ホルモンの分泌を促すことでハリを出すことは不可能ではないでしょう。

 

Copyright © 美乳になりたい All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.