紫外線対策

紫外線対策

紫外線は1年中降り注いでいます。 対策が必要なのは夏だけではありませんね。

紫外線対策 > 紫外線対策

紫外線とは

太陽から地球に届く光線には、大きく分けて赤外線と可視光線、紫外線があります。

紫外線の中には、波長の長いA波、短いB波、最も短いC波があります。

このうちC波は標高の高い山頂ぐらいでしか観測されていないので、
日常生活で気をつけなくてはならないのはA波とB波です。

日焼けで肌を赤くするのがB波、黒くするのがA波と覚えると解りやすいですね

紫外線の悪影響

紫外線をたくさん浴びるとどうなるのでしょうか。

まず、B波による影響として皮膚がんの発症リスクがあげられます。
特に、幼い頃から紫外線を浴びれば浴びるほど、皮膚がんの発症率も
発症年齢も高くなることが報告されているそうです。
他にも、B派の影響として白内障や免疫力の低下があげられます。

次に、A波です。
A波も大量に浴び続けると、シワやたるみ(光老化)やシミ・そばかすの
原因となります。

紫外線対策

紫外線の影響を考えると、日光を浴びるのを避けたくなりますが、
紫外線には殺菌作用があるので、洗濯物や布団などを干すと
ふかふかにもなるし、衛生的です。

また、紫外線を浴びることでビタミンDが生成されます。

紫外線対策をしっかりすれば子どもも太陽の下で思いっきり
遊べるので、ストレス発散にもなることでしょう。

紫外線対策 トップへ戻る