同じ女性でも、バストの大きさはもちろんですが、バストの形や質にも差があります。

分かりやすい例で言えば、外人さんのバストと日本人のバストではかなり形状が異なりますよね。外人さんのバストは、とてもふくよかで魅力的なバストをしています。

そのバストに憧れている女性は少なくないのではないでしょうか。

外人さんのバストと日本人のバストの形の差は何によるものなのかというと、バストの構造の乳腺が影響しています。

バストの構造は、乳腺が張り巡らされているところに脂肪が付着しているような構造になっています。

外人さんのバストは、乳腺が多い特徴があります。

外人さんのバストは固めで垂れにくく、写真などを見てもパーンと張っているような形状になっているのです。ですので、寝てもバストが横に流れず、寝てもプリっとしたバストでいられます。
それに対して、日本人の多いタイプのバストは、脂肪質型のバストです。これは、乳腺に対して脂肪が多いタイプのバストです。

乳腺がバストの芯になりますから、それに対して脂肪が多く付着しているとなると、乳腺質のバストに比べて垂れやすくなります。

脂肪が多いですので柔らかく女性らしいバストにはなります。ですが、柔らかいために寝たときに乳腺質のバストとは違い、バストが流れて潰れた状態になり、ひと言で言えばなくなったように見えてしまいます。

このように、乳腺質型と脂肪質型では、バストの特徴に大きな差がでてきます。脂肪質型の日本人からすると、やはりパーンと張った乳腺質のバストに憧れてしまいます。