バストの質の他にも、バストの形もまたいろいろな種類があります。
理想的なバストは円錐形です。

トップがつんと上向きで、上下対象なバストが美しく見えます。ヌードになることは少ないでしょうが、ふくよかで美しいバストの典型的な形です。
テニスボールを半分に割ったような半球型もあります。この半球型は、全体的に均等なふくらみがあります。
俗にペチャパイと呼ばれるのは皿型です。

トップバストとアンダーバストの差があまりなく、いわゆるお皿を二つくっつけただけのような形状です。
トップとアンダーバストの差が一番ある形を釣鐘型といいます。

釣り鐘のような形状そのものの形です。大きなバストではありますが、垂れやすい形状のバストのひとつです。
また、バストトップの位置が下がってしまった下垂型などがあります。

バストが支えられないと下垂してきてしまうのですが、下垂したバストはバストの上部が削がれたような形をしており、バストトップが通常よりも下にある状態です。
このように、いろいろなバストの形の種類をみてみると、バストがいかに大きさだけではないと言うことがわかります。

どうしてもバストはサイズばかりに注目してしまいがちですが、綺麗なバストは大きさばかりではなく、その形状も重要な要素です。

バストの形に関しては、生まれつきの要素も大きく関わってしまいますが、正しく自分のバストに合う下着を正しく付けることも、今後綺麗な形のバストを維持するのに重要な要素のひとつになるでしょう。