バストはそのほとんどが脂肪で形成されています。

脂肪は柔らかく、重力に逆らうことができません。

ですので、年を取っていくと、バストが下垂してきてしまいます。

このバストの下垂を防ぐには、バストの土台になっている筋肉を鍛えることが必要になります。その筋肉が、大胸筋と呼ばれる胸の筋肉です。

大胸筋はバストの下にある筋肉で、胸骨という胸の谷間にある骨から腕の筋肉に向かって存在しています。

呼吸の補助をしたり腕を動かすのに使われる筋肉ですが、バストの土台という重要な役割も果たしています。

女性の場合は、この大胸筋が弱ってくることでバストの下垂につながってきます。

そのため、大胸筋を鍛えることは、バストアップに一役かって出てくれます。

土台をしっかり鍛えることで、バストも重力に負けないハリのあるバストを保つことができます。

ひとこと付け加えるとしたら、バストそのものの構造が増加しているわけではないことです。

あくまで土台の筋肉が増量しているので、バストアップしたとしても、バスト本来の柔らかさが増えるわけではありません。

やり過ぎると、いわゆる鳩胸という状態になるので、やり過ぎには注意しましょう。要するに、ゴツいバストができてしまうということです。
バストが下垂しないためにも、大胸筋を鍛えることは重要ですが、頑張りすぎるとたくましいバストになってしまいます。

大胸筋の筋肉トレーニングはほどほどに頑張りすぎないようにしましょう。