基本的に、体の体格や身長などは、親からの遺伝だと考えるでしょう。

やはり、子供の顔は親に似てくるといいますよね。

背の高い両親からは背の高い子が生まれやすいですし、小さい両親から長身の子供が生まれることはごく稀でしょう。

身長だけではなく、やはり体つきも何となく両親に似てきますよね。ということは、バストの大きさも、やはり親からの遺伝で決まってしまうのでしょうか。
バストの大きさが遺伝で決まってしまうかどうか、という点に関して、ひと言で言えば必ずしも遺伝的な要素で決まるわけではないということが言えます。

多くの体の特徴は親から譲り受ける中、バストに関しては必ずしも遺伝的要素で決まってしまうというわけではないようです。

では、何が関わってくるのでしょうか?
確かに親の遺伝的な要素は全く関係ないとは言えません。遺伝的な要素にプラスして、もうひとつ関係していると考えられるのは生活習慣です。

生活習慣によって、バストの大きさは変化してくるようです。

例えば、親がバストが大きいけれども、自分のバストが小さい場合は、大きい遺伝的要素は持っているけれども、それを阻害するような生活習慣やストレスを与えてしまったのかもしれません。

バストアップにはホルモンが大きく関わっています。ホルモンは、ストレスに非常に弱いです。

バストアップを測りたいのであれば、生活習慣を整え、体も心もストレスのない生活を心がけることが重要だと言えるでしょう。