20代ではまだまだ女性ホルモンもしっかり分泌され、とりたてて慌てたバストアップケアをする必要はありませんでした。

それでも、しっかりとハリのあるバストが維持できるのが、20代です。

それに対して、30代にもなるとその状況は一気に変化します。お肌の曲がり角は20代半ばだといいますね。

それと同様で、20代も後半になってくると、体力はもとより身体も徐々に老化の方向へ進んできます。

代謝も落ちてくるので、なんとなく今までのような回復力やハリのなさなどを感じやすくなってきます。

それと同様に、バストにも老化を感じてくるのが30代です。

バストにハリがあるのは、バストの土台となる大胸筋と、バストを吊っているやくわりのクーパー靭帯のおかげです。

これらが30代になると衰えてきて、バストにハリがなくなってきます。ですので、30代に必要なバストアップケアは、女性ホルモンを助けるバストアップサプリの摂取、バストアップマッサージやエクササイズなどが必要になってきます。

20代までとは違い、30代になると女性ホルモンの分泌も少なくなってきてしまいます。

女性ホルモンは、バストアップのキーワードとなる乳腺へはたらきかけるものですから、分泌量が少なくなってきている30代はバストアップサプリなどを積極的に摂取して、分泌を促す必要があります。
また、引き続き不規則な生活はバストアップに大きな妨げになりますので、注意しましょう。