40代にもなると、バストの様子は一気に変化します。

40代になると、20代のようなハリのある上向きのバストの面影は一切なくなります。

バストを吊り上げている役割のクーパー靭帯も、老化によってその役割を果たせなくなっています。このクーパー靭帯というものは、一度切れれば修復不可能です。

そのため年齢を重ねれば重ねただけ、この靭帯は切れていきます。その結果、バストが下垂していく原因になるのです。

また、年を取ると筋力も弱ってきますよね。それは、足や腕などと同様に、バストの土台となっている大胸筋にも同じことが言えます。

大胸筋が弱ってくると、その上に乗っているバストを支えきれなくなってしまうので、これもまたバストの下垂する原因になってしまうのです。

また、40代にもなれば女性ホルモンの分泌も著しく少なくなっていきます。

40代後半になれば、閉経になります。

閉経すると、女性ホルモンは以前のように分泌されなくなるので、結果としてそれがバストにも影響を与えてきます。
40代のバストアップのケアは、育てるというよりも維持することを目的とした方が良いでしょう。

バストアップエクササイズで大胸筋を鍛え、バストアップバッサージで脂肪が散ってしまうのを防ぎ、血流をよくします。

また、ほどよくバストアップサプリを服用して急激な女性ホルモンの減少による身体への影響を和らげると良いでしょう。